当院にお越しいただいている患者様で

「電気屋さんの方」がいらっしゃってます。

DRTのご説明を「電気に例えると、凄く分かりやすいそうで」

ご本人さま感動されてました。

脳が電気の発電所みたいなもので、身体全身に指令を送っています。

【背骨は電気の本線ですね!!】

そして、背骨の中にある電気の本線から、枝分かれして

「各市町村・そして各自宅に電気」が送られてきます。

そして、部屋に明かりがつきます。

「各自宅というのは」=身体で言うと両手・両足・心臓・腎臓・肝臓など内臓も呼吸もです(笑)

このように、正しく電気が送られてくることで、各部屋に明かりがつきます。

 

◎それが、どういうわけか?

背骨が歪むことで(電流変換装置)が弱まり

本来100%出る電流が、なんと40%くらいになってしまってます。

電気の流れが悪いと~

それでは、各部屋の電気も薄暗いですよね(笑)

(電流変換装置)と言われる部分は=

上部頚椎と言われる部分で

脳から出てすぐのところにあります。

そこが一番大事になってきます。

◎DRTでは、背骨の歪みを通常のカイロプラクティックとは違い

背骨全体を一つのアライメントとして、気持ちよく揺らしながら

細かな部分まで整えていきます。

ゆりかごのように揺らされている(ゆりかご整体)とも言われています。

背骨の調整がうまくいくと、歪みが整い一番大切な部分である!!

(電流変換装置)である上部頚椎の歪みも整います。

すると、今まで40%の電流しか流れていなかったのが

60%~80%と流れるようになります。各部屋の明かりも明るくなりますね。

しか~し、今までの積み重ねて来た疲労と悪い癖が背骨についているので

電流が流れている=(本線の配管)もところどころ痛んでおります。

その本線の配管がしっかりと回復し、ズレないように固定できるまで有る程度の時間がかかります。

本線が入っている配管の位置が安定すれば常に80%~100%流れるようになります。

それと共に、各自宅は煌々と光輝き明るく~電気が灯ります。

脳から正しい指令が出ているのに

「電流変換装置=上部頚椎」がズレているせいで

身体の自己治癒力が作動しない!!

身体と電気についてのお話でしたーーー!!

富山県滑川の整体院

滑川肩こり・腰痛ケアセンター

よくなる整体院

肩こり・腰痛・顎関節・O脚・自律神経など慢性症状はお任せください。